サービス・技術

耐震診断・改修

1981年(昭和56年)以前に建築された建物は、現在の耐震基準(新耐震設計法)を満たしておらず、倒壊などで人命に関わる被害を受ける可能性が高い状態です。また、2000年(平成12年)の建築基準法改正までの建物でも、耐震性が低い建物が多く存在しています。これらの建物は、過去の大地震でも被害が集中しているため、「耐震診断」を行い、速やかな耐震補強が重要です。 似鳥工務店では、皆さまの生活生命を守る為に専門的な知識や経験豊かな技術者が診断から改修までを実施致しております。

診断から補強工事までの流れ

予備調査(現地目視調査)
  • ・設計図書の有無確認
  • ・耐震診断要否の判断
  • ・耐震診断計画の作成
  • ・耐震診断見積書の作成 (自治体の補助金が出る場合があります)
現地調査
  • ・図面との照合
  • ・建物の劣化状況調査(ひび割れ、変形、老朽化)
  • ・必要に応じてサンプルを採取
耐震診断
  • ・新耐震設計法と同等の耐震性能を有しているか診断
  • ・必要に応じて「1次診断」「2次診断」「3次診断」を実施
1次診断

柱と壁の断面積から建物の耐震性能を判定する方法です。比較的簡単に診断を行うことができますが、壁の少ない建物では、耐震性能を過小評価する欠点があります。

2次診断

柱と壁の強度から建物の耐震性能を判定する方法です。6階建て以下の建物で一般的に実施されている方法です。

3次診断

梁の強度も考慮して柱と壁の強度から建物の耐震性能を評価する方法です。

総合評価
 
耐震改修工事
  • ・耐震補強設計の立案
  • ・見積り・工期の作成
  • ・耐震補強工事の実施

実績

● 炭素繊維巻き耐震補強
  • サービス耐震写真1
  • サービス耐震写真2
  • サービス耐震写真3
お問合わせはこちら
ページの先頭へ