2018年8月22日

江北桜中学校新築工事 施工状況2(1、2階躯体工事)

江北桜中学校新築工事の工事経過です。

これまでの工事経過→施工状況1(着工~基礎工事)

[平成30年4月]



埋め戻しの工事状況です。

基礎のコンクリートを打設後、マスの中に埋め戻し土を充填していきます。





土、砕石を綺麗に転圧した後、湿気、断熱対策のため

防湿フィルム、断熱スチレンフォームを貼り込んでいきます。



1階床の鉄筋配筋をしています。

鉄筋が組まれた後、床のコンクリートを打設します。

[平成30年5月]



体育館エリアの1階床が出来上がり、柱や壁などの構造体の

鉄筋、型枠工事が進んでいます。



 



外部では足場の組立が始まりました。



こちらは2階床の様子です。

これから柱・梁・床の鉄筋を組み立てていきます。



ドローン写真です!校舎の配置がよくわかります。

[平成30年6月]



2階の柱・壁、3階の梁・床の鉄筋型枠工事が進行中です。

床版にはデッキを使用しています。

べニヤで床を構成していく在来工法よりも

支柱が減る上、作業効率も良くなります。



上階の梁型枠が組まれた状況です。



梁の鉄筋配筋は、このように鉄筋ウマを使って

持ち上げた状態で組んでいきます。

組み終わった後に鉄筋ウマを撤去して、

型枠内に落としていきます。

落とすと言ってもとても重たいので、

専用のジャッキを使用して行います。



梁配筋の後はスラブ配筋です。

鉄筋や型枠の検査が完了したらコンクリートを打設します。

施工中情報(3~5階躯体工事)

 

≫お知らせ一覧を見る

お問合わせはこちら
ページの先頭へ